• facebook
  • twitter
Lang

からだシフトとは?

からだシフトの各シリーズについてご紹介します。

Vol.2

からだシフトのたんぱく質シリーズで朝昼晩、“いつもの食事“からたんぱく質を意識した食事に!
しかも、おいしさも欠かしません!

からだづくりにはたんぱく質が必要! からだづくりにはたんぱく質が必要!


たんぱく質を十分に摂ることで

※”たんぱく質”に関する一般的な学術的所見であり、当社製品の効果・効能を示すものではありません。

からだづくりにはたんぱく質が必要! からだづくりにはたんぱく質が必要!

日本人の「たんぱく質」推奨量
日本人の「たんぱく質」推奨量 日本人の「たんぱく質」推奨量

厚生労働省が定めた「日本人の食事摂取基準」において
18歳以上の男性で60g以上、女性で50g以上のたんぱく質が推奨量とされている。

たんぱく質60gの目安 普段の食事でたんぱく質を60g摂るのは大変! 普段の食事でたんぱく質を60g摂るのは大変!

※出典:厚生労働省HP「日本人の食事摂取基準(2015年版)」

たんぱく質はバランスよく摂取することが理想 たんぱく質はバランスよく摂取することが理想

現代人のたんぱく質摂取は、夜型偏重にある

※立命館大学 スポーツ健康科学 藤田 聡教授資料より改変


からだシフト たんぱく質シリーズを有効に活用して
1日に必要なたんぱく質量を効率的に摂取

からだシフトの「たんぱく質」シリーズを活用すると1食20g以上のたんぱく質が摂取できます。

藤田 聡(ふじた さとし)立命館大学 スポーツ健康科学部 教授

この考え方は、立命館大学 スポーツ健康科学部 藤田 聡教授の学説に基づいてます

藤田 聡(ふじた さとし)立命館大学 スポーツ健康科学部 教授

●2002年南カリフォルニア大学大学院博土号修了●博士(運動生理学)●2006年テキサス大学医学部内科講師、2007年東京大学大学院新領域創成科学研究科特任助教を経て、2009年より立命館大学●米国生理学会(APS)や米国栄養学会(ASN)より学会賞を受賞●専門は運動生理学、特に運動や栄養摂取による骨格筋の代謝応答●薯書に、「体育スポーツ指導者と学生のためのスポーツ栄養学」(市村出版)「筋肉がつく!やせる!タンパク質データBOOK(監修)」(朝日新聞出版)など

※日本人の食事摂取基準(2015年版)1日あたりのたんぱく質推奨量60g(男性18歳以上)